0から始めるアドセンスでアフィリエイトなブログ

Google Adsenseやアフィリエイトについてのやり方や体験談を語るブログです(^O^)

【大手企業の看板を背負うという意味…】クロネコヤマト配達員への批判の声…制服の呪縛と大手故の罵詈雑言の嵐。お昼休憩も許されない!?とあるレストランでの出来事について…

f:id:adsense1102:20190721234251j:plain

どうも小生です☆今回は会社の看板を背負うという言葉の意味を見たレストランでのお昼ご飯の時のとある出来事についてです。今回のは酷いぞ。笑

 

途中から酷いので最初にウチのどうしようもないブラック企業の唯一のホワイトで良い所からご紹介し柔らかくお話に入って行きます!

 

今回は小生のブラック企業で運営しているネットショッピングでの事や配送業界の事についても触れています。今回も割りと長いブログなので皆さん覚悟して付いて来て下さい(笑)最後まで到達してゴールされた方は感想をコメント頂けると幸いですm(__)m

 

では行きましょうか…

 

 

1.ブラック企業でも唯一自由なのが服装、髪型、髪色!

 

小生の勤める会社はブラック企業です!まぁこのブログでも幾度も書いて来ていますが。気になる方は小生のブログのブラック企業のカテゴリを見て下さいね。w

 

まぁブラック企業の名刺代わりは1日12時間労働、週6日勤務ですね。笑

 

まぁこんな事は今回だけは忘れましょう!唯一ホワイトな所のご紹介だ☆

 

ブラックな分反動でもはや何でもありな為緩さがホワイト企業に圧勝している!

 

それこそ髪染めても勿論いいし社会人になれば必然的に男は黒髪を強いられますが、ウチは会社がブラックなだけで髪色は茶髪でも金髪でもなんでもありです☆笑

 

そこだけは唯一誰にも負けねぇ!(笑)

  

それこそいきなり黒髪から金髪に変っても別に社長も何も言わないしイジってもこない。まぁ自分がカッパだから髪の毛の事は弄らないのかな?w

f:id:adsense1102:20190612210939j:plain

 

この会社そこだはめっちゃ寛大でホワイトやん!と思った瞬間でした☆

 

特に普通の会社の営業職等では一生黒髪。

 

もはや髪の色は白髪にしか変わりませんからね(笑)

 

 

2.自由を極めたが故の労働時間の超絶ブラックぶり。w 

f:id:adsense1102:20190627082825p:plain

後は服装も自由! これもかなりデカイ!服装もなんでもありです!毎日スーツに着替えたりネクタイ締めたりしなくていいのはかなり楽だし、時間も取られない。

 

別にTシャツとGパンでいいし、とにかく楽で動きやすい格好でいい!店に着いて上からエプロンや、前掛けするだけで仕事スタイル完了☆

 

それこそ、髭もOK!長髪もOK!なんでもありだ☆笑

 

この緩さだけはどんな会社よりもホワイトだと思う!それ以外はどこの会社にも負けないぐらいブラックだとも思うが(笑)

 

まぁどうでもいいウチの会社の話はこれぐらいにしてさぁそろそろ本題に入ろうか…

 

 

3.レストランで見たクロネコヤマトの社員の食事風景と叩かれ方について…

 

昨日のお昼レストランで外食している時にクロネコヤマトの配達員のお兄さん達数名がお昼ご飯を食べにレストランに入って来た。何故クロネコヤマトの配達員だと分かったか?勿論制服を着ているからだ。お昼休憩なんだろう。

 

座った席は小生の座っていた席から離れていた。

 

そうすると小生の横の席に座っていた20代後半~30代前半位の若い夫婦のヒソヒソ話のこんな声が聞こえて来た…

 

夫「あいつら不祥事ばっかり起こしてるくせによく平気で呑気にレストランで昼飯食えるよなぁ~。」

 

夫「車中でおにぎり齧るぐらいにするだろ普通!?」

 

妻「ホント余裕あるよねぇ〜大手企業は。」

 

妻「反省なんて微塵もしてないね。笑顔でハンバーグなんて食べて馬鹿じゃないの?」

 

夫「そんな暇あるんやったら遅れず配達の荷物持って来い!」

 

これを聞いて恐くなった。ここからはこの件について自分のクソ中のクソのブラック企業と比べて見る…

 

 

4.大手企業故の制服の呪縛と制約。これが会社を背負うと言う事か…!?

 

ここで少し考えてみたウチの会社との違いを。まぁおこがましい限りですが。

 

ウチの会社にはまず制服(ユニフォーム)仕事着がない。

 

服装、髪型全てが自由だ。

 

まぁ行き過ぎてクロックスで来て流石に履き替えに帰ってる奴はいたが(笑)

 

クロネコヤマト位の超大手となると制服を見れば一目でクロネコヤマトの社員だと誰もがすぐに分かる。

 

f:id:adsense1102:20190819223808j:plain

あのユニフォームを着ている限りは会社の看板を常に背負っている。 これが大手企業だだ。

 

小生の会社でも仕事中はエプロンや前掛けを着ける。

 

しかしそれはメーカーから貰ったものであったりで会社のロゴが入っていたりするものでは無い。

 

まぁウチみたいな糞味噌な会社のロゴが入っていたとしても誰が知ってるねん!レベルで会社の看板を背負っている感覚なんてないし誰からも指摘される事もない。

 

てか休憩中ぐらいゆっくりさせてやれよ。それぐらいでそこまで気に喰わないのか?叩きすぎだろ。誰しも人生で1度所ではないぐらいヤマトにはお世話になっているはずなのにね。可哀相だ。

 

休憩中も見られてるプロ意識を持たなきゃいけないのか?

 

芸能人みたいな人気職でもなんでも無いんだぞ?

 

そう思うと大手は辛いな。気楽だよブラック企業。笑

 

まぁこの前もウチの配達部門の軽トラの運転が荒くてクレームの電話来てたけど、このレベルで効かないよね。本当に大手企業も大変だなと思った。

 

 

5.ここ5年間で起こったヤマトホールディングス株式会社の不祥事…

 

f:id:adsense1102:20190607002818j:plain

この上での世間からの叩かれ方を見ても分かるようにここ最近クロネコは問題も多いだけに大変だ。

 

それでも今回の件はそこまで言うのか?と個人的には本当に恐くなったけど。小生的にはそこまで思わないから。世間的には上の夫婦の意見通りなのかな?皆さんはどうだろ?

 

確かに最近のクロネコヤマトの不祥事は多いし目に余るものがあるのかも知れない。連日TVのニュースを賑わせた不祥事3連発だ。

 

ヤマトホールディングス(株)これまで3度(+α1)大きな不祥事を起こしている。

 

①ヤマト運輸クール便を常温仕分け問題 

f:id:adsense1102:20190607221023j:plain

1つ目が2013年のヤマトホールディングスの子会社であるヤマト運輸がクール便の荷物を常温で仕分けしているのが発覚した事。まぁこれはありえないか。

 

商品の品質の劣化もあるし商品の量も莫大で大変だろうがそれが仕事ならやって貰うしかない。1度溶けて冷凍されては品質も元に戻らない物も多いしヤマトを使っている会社も消費者をも裏切ってる行為だよね。

 

②ヤマトグループ全体200億円の残業代未払い問題

f:id:adsense1102:20190606234306j:plain

2つ目に2017年のこれまたヤマトブループのもはや屋形船が傾く位の大問題発覚!200億円にも上る残業代の未払いだ。正しくウチのブラック企業と同じサービス残業だ。まさかこれだけの大手でも…

 

と社会的な大ニュースとなったのは記憶にも新しく、ここから配達業界の働き方改革とサービス向上と従業員への待遇向上を掲げ送料の20%にもおよぶ大幅な値上げなどが行われた。この流れは直ぐに佐川や日本郵便も便乗した。

 

 

③ヤマトホームコンビニエンスが法人向けの引越し事業で17億の料金水増し問題

f:id:adsense1102:20190624233242j:plain

3つ目は昨年2018年の子会社であるヤマトホームコンビニエンスが法人向けの引越し事業で料金の水増しを行っていたこれまた大問題。その数5万件以上。金額は17億円にもおよぶ。

 

もはや2017年の残業代200億未払いが強すぎてなんだ17億か。位の勢いで小生も当時このニュースを見ていたが考えられないような金額と件数であることは間違いなく、会社の信用問題を大きく揺るがした。流石に不祥事連発でヤマト位の大手が無茶苦茶し過ぎ。ヤマトブランドも地に落ちたと感じたニュースだった。

 

④オマケ+α1。ウチのネットショッピングヤマト運輸から契約断られる(笑)

f:id:adsense1102:20190607005516j:plain

ウチで当時ネットショッピングに出店する時に佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸に料金等の件で交渉した。佐川急便、日本郵便はすぐ営業マンが店に交渉に来たが、ヤマトだけはまさかの無視。w

 

さすが最大手。ウチなんて相手にもしないのかと小生は驚いたが社長は勿論ふざけるな!とブチギレ!笑

 

営業所に直接チェーンソーを持って「舐めとったらアカンでぇ~!」と怒鳴り込みに行って…あっ!これはどこぞのYouTuberか。笑

 

まぁ営業所に怒りに行ったのはホント。それでやっと後日営業マンが交渉しに店に来たが料金面ではやはり相手にしてないのが丸分かりの設定。余裕で日本郵便の値段が1番安かったので結局配送は日本郵便と契約した。

 

しかし…

 

ここまでヤマトの過去の話題を触れて来て小生自身もヤマトに対して批判的意見を書いて来ましたがここからは小生が担当するネットショッピングでの配送問題について触れて行きます。これは反日ではない…

 

 

6.ぬるい日本郵便の仕事ぶりについて…

 
ここからはクロネコヤマトから主役交代でうちの会社がネットショッピングで使っている日本郵便のゆうパックについての文句と愚痴です!笑

 

上で書いた通りネットショッピングの運送会社に日本郵便(以下ゆうパック)と契約したのですが、ゆうパックの仕事ぶりが会社としてとにかく温い…

 

ずさんだなぁ〜と感じる事がとにかく多いです。

 

お客さんからゆうパックへの苦情もメッチャ多いし。毎日のようにあるクレーム…1つ紹介しよう。

 

7.ゆうパック(日本郵便)の配達員マジで常識無さすぎ。

 ネットショップの方のお客さんから電話が掛かって来て出たら商品(アサヒのアクアゼロ500①ケース)届いたんですけど、箱がボコボコで1回地面に落として口が開いて閉じたみたいな感じでテープが貼ってあって缶の向きが上下バラバラで気持ち悪いんで交換して欲しいのですが…との電話。

 

はぁ〜またクレームか。

 

つまりはケースを誤って地面に落として缶がバラバラバラァ〜って散らばる。落としたビールを慌てて詰め直して(上下バラバラで)テープで留めて配達してるんですね…w

 

どう思いますこれ? 常識的に見てもオカシイでしょ!?

 

こんな事がよくありますからね…常識の無い配達員多すぎ。まず報告してお客さんのとこまでその状態で持って行くな!

 

商品の集荷でもそうですがとにかくグズグズノロノロダラダラしてる。
 
挙句の果てには、物損(商品割ったり、落として缶に穴あけたり凹ましたり)もめっちゃ多いし、配達指定時間過ぎても来ないとか、指定日に来ないとか、まさかのお客さん留守の時に不在票入れ忘れてるとか…もうヤバイぐらいずさん。
 

幾ら国がバックに付いてる日本郵便でもこんなずさんな仕事ぶりじゃ駄目でしょ!そりゃ圧倒的安心感で仲良しこよしでヌクヌクにもなるわな。 誰が客に謝ると思ってんだ、ウチのネットショップが信用無くすんだよ!

 

 

8.やはり配達はクロネコヤマトが最強!?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

9.別格のサービスのクロネコヤマトその裏にある厳しい教育方針…

ずいぶん前だがウチの会社で運営しているWowma! というネットショッピングの方で指定時間になっても荷物が届かないと言うクレームの電話があった。

 

相手の人は東京のお客さんであったが、マジギレで標準語でボロカスに怒られて小生が「スイマセン、申し訳ありません、仰る通りでございます。」なんて平謝りする事10分。

 

最初は頭に血が登って電話を掛けて来たそのお客さんも明らかに悪いのは日本郵便であるのは分かっているので、最後の方は落ち着きを取り戻してこう言った…  

 

「日本郵便なんてやっぱりダメですよ。僕もクロネコヤマトに務めている同業種の人間なので言わせて貰いますけど、クロネコヤマトならこんなミス絶対しないし、会社から許してもらえませんよ。」

 

と仰っていました。あぁ〜クロネコの社員さんやから余計に日本郵便のずさんさに怒っていたのかと小生も納得。ご機嫌取りでは無いが上で書いた事だがこう返した…

 

「クロネコヤマトさん本当に皆さん愛想も良いし、正確ですもんね!遅配もないし丁寧ですもんね。」と伝えると、最後に一言。

 

  「…だって厳しいですもん会社。」  

 

と言い残しクレームの電話は終わった。良質なサービスの裏には厳しい会社の教育があるのである。まぁ最近では残念な事にそれがブラックであると言う認識のイメージがついてしまったが。

 

 

10.これから更にネットの普及で伸びるネットショッピング業界の需要と配送業界の疲弊…

 

f:id:adsense1102:20190820000048p:plain

ネットショッピングの急激な成長もあり今の年間の宅配便の取り扱い件数は40億個をも超えている。もはや配達業界の限界は近い。いや限界をも超えているだろう。もはや配達業界無しではこれからの世の中が回らないのは当たり前のことで、ネットショッピング媒体が成長すればするほどその負担も増え、人員も必要になって行く一方である。  そのなかでの人手不足、働き方改革だ。

 

この辺りが増え続けるネット需要の問題でもある。小生もそうだが増え続けるネットの注文の量にもはや着いて行けないのである。

 

もはや現場は悲鳴を上げている状態だ。まぁその分実店舗の売り上げは落ち続けているが。   近年では若者が働かないのもあってどこも人手不足で大変である。

 

どんどん最低賃金も上がっているのにね。何の意味もない。ネットショッピング運営にも、それを配達してくれるドライバーさんの人員確保が急がれる昨今であると感じる。

 

まぁ今回の記事の発端は上で書いたようなこれなんだが…

 

夫「あいつら不祥事ばっかり起こしてるくせによく平気で呑気にレストランで昼飯食えるよなぁ~。」

 

夫「車中でおにぎり齧るぐらいにするだろ普通!?」

 

妻「ホント余裕あるよねぇ〜大手企業は。」

 

妻「反省なんて微塵もしてないね。笑顔でハンバーグなんて食べて馬鹿じゃないの?」

 

夫「そんな暇あるんやったら遅れず配達の荷物持って来い!」

基本的にヤマトが不祥事を起こしてニュースを騒がせた事は事実だ。でもそれは全ての従業員ではもちろんない。

 

宅配便の取り扱い個数の割合も上で書いた40億個も50%程度はクロネコヤマトだ。30%を佐川急便が15%が日本郵便が担っている。いかにヤマトの割合が多いかという事。最大手に求められる最高のサービス。

 

世間からの目はやはり厳しいなと今回の1件と担当しているネットショッピングの成長で日々感じる小生でした。

 

あなたは配達業者にどんな印象をお持ちですか?

 

そして…あなたはクロネコヤマトにどんな印象をお持ちですか!?

 

ではまた☆