0から始めるアドセンスでアフィリエイトなブログ

Google Adsenseやアフィリエイトについてのやり方や体験談を語るブログです(^O^)

【敬語の概念を記憶喪失する客!?】 目上の人にはせめて敬語使えよ!『お客様は神様です!』の本当の意味とは!?これは松下幸之助の言葉ではない。三波春夫の言葉の真意は…?

f:id:adsense1102:20190809003810p:plain

どうも小生です★今回はこんな世の中の腹の立つお話…

 

 

 

1.客の態度。店も客を選ぶぞ?

f:id:adsense1102:20190721234251j:plain

小生の仕事は大阪の酒屋のサービス業。毎日沢山のお客さんと接します。だからブログのネタにも困らない部分もありますが。笑

 

本当に色々なお客さんがいますが中にはお客さんで態度のデカイ人いますよね?

 

パートの60歳を超えるおばちゃんとかがレジしてると勿論歳なんて三回りぐらい下の30代ぐらいのサラリーマンがこう言います。

 

「おい!タバコ!メビウスの8ミリ!」とか言いますけど、客でも礼儀は必要だろ。

 

お前いくつなんだよ?客だからってどう見ても目上の人にタメ口でえぇんか?

 

客になったら敬語の概念とか全部ないんか?と怒りを覚える。

 

まぁこういう態度デカい奴ほど仕事中はクライアントとかにペコペコしてるんだろうけどね。

 

客になると態度デカイのはその反動だと思うけど、客だからって神様じゃねーんだよ。

 

 

2.捻じ曲がって伝わる【お客様は神様です】

 

小生は「お客様は神様です!」なんて思ってないですからね。

 

まぁ今のバイトの子はそんなん思ってる子居ないか。 言葉の意味も違う感じで伝わってる感あるし、変な感じで言葉の本当の意味がネジ曲がって使われてるので。

 

昔の経営者や、この教えで育ってきて社長になってる人とかもこの考え方の人は多いかもですね。そして社員にこの教えを強要するという負のサイクル… ちょっとお勉強…

 

 

『お客様は神様です』この言葉は三波春夫さんの言葉ですね。といっても今の若い人だと三波春夫さん自体を知らない人も多いと思います。

 

三波春夫さんとは昭和を代表する歌手ですね。この言葉は有名な経営者の方が言った言葉ではそもそも無いのです。

 

経営者の神様と言われた松下幸之助さんの言葉でも無く京セラ名誉会長の稲盛和夫さんの言葉でもないのです。

 

この時点で若い人はそうだったのか?と思う人も多いでしょう!

 

小生の会社の社長でも会議で松下幸之助さんの言葉通り 『お客様は神様です』の精神を持ってなんて、言ってたぐらいですからね。 勘違いしている人も多いのかと…。

 

最近はこの言葉が独り歩きをして本来の三波さんの意図とは違う意味で使われている事が多いようですね。 三波春夫さんはこう仰っているようですが↓

 

「お客様」とは、聴衆・オーディエンスのことです。客席にいらっしゃるお客様とステージに立つ演者、という形の中から生まれたフレーズなのです。

 

「お客様」は、商店や飲食店などのお客様のことではないのですし、また、営業先のクライアントのことでもありません。

まぁそりゃそうだろうな。仰る通りでございます。w

 

3.デカイ態度で得することなんて何一つ無い事を知ろう。

 

f:id:adsense1102:20190731001923p:plain

はっきり言ってよく行く店なら尚更だがデカイ態度で店員と接してても何1つ得は無い。

 

それはバイトにでも社員にでも店長にも社長にもそう。 例えばお客さん全員に配るほどの数はない非売品の景品やサンプル缶。

 

それを、デカイ態度の客にあげますか?あげないでしょう。

 

小生もまずバイトにはタチの悪い客には景品等はあげるなと言います。何故ならタチが悪いお客さんは一度あげると付け上がる。次からは毎回何度でも「景品をくれ!」と言ってくる。一度あげたらキリが無く最後と言える。だから最初が何でも肝心。

 

それこそ神様だと思わせてくれるくらい小生達従業員にも親切なお客さんも中にはいる。「な、なんて良い人なんだ…」この感謝をこのサンプル缶で…となるだろう。笑

 

いくらその会社の従業員でも人間だ。人の好き嫌いはある。親切にしてくれる人には返せる範囲で返すのが常識と言うか人の性だ。

 

 

4.大阪のタメ口のノリがめっちゃ腹立つ件!

f:id:adsense1102:20190809003810p:plain



大阪の人って買い物した時とかにレジでお釣りもらった時とかに『ありがとう!』って言うんですよ。

 

まぁ何処の都道府県も言うと思うんですが大阪は『ありがとうございます!』じゃ無くて基本的に大体の人は『ありがとう!』なんですよね。タメ口。腹たちません?

 

なんか!(笑) 小生も自分より目上の人に積み込みした後や、レジの最後に言われる『ありがとう!』のタメ口に対しては勿論何も思いません。当たり前ですから。

 

でも、明らかに年下の奴(客)に言われる『ありがとう!』のタメ口はマジで仕事中でも

腹が立つ! 客でも社会のルール的には敬語使えよ!

 

やっぱり目上の人には敬意を払えと言う事です! 20〜30代ぐらいの奴普通に大体の客タメ口だもんなぁ。見てて腹立つ。

 

お前客じゃ無かったらキレるで?!いやマジで!

 

まぁだから民度低いとか、ガラ悪いって言われるんだよ。笑

 

5.コレだけは言わせて!名探偵コナンの中での服部平次の大阪人のノリはやりすぎな件(笑)

あと個人的に大好きな名探偵コナンの中での服部平次!

 

あいつが大阪のガラの悪さを全国に大々的に告知してる気がする…(笑)

 

『なぁおばはん!』とか流石に見ず知らずの人にあそこまで大阪人馴れ馴れしくないから(笑)

 

まぁ青山剛昌先生がそう描くぐらい悪く大阪人は悪く見えているという事ですかね。(笑)

 

青山剛昌先生の見方が変るようになるまで頑張らねば大阪人!笑

 

ではまた小生でした☆