0から始めるアドセンスでアフィリエイトなブログ

Google Adsenseやアフィリエイトについてのやり方や体験談を語るブログです(^O^)

【終わらない負のループ…】今の大阪の最低自給は936円!人件費高騰でブラック企業はギブアップ寸前!?馬鹿で無能な経営者が陥るバイトに頼る考え方とは?

f:id:adsense1102:20190624233242j:plain

どうも小生です☆今回はうちの会社の無能な経営者のお話…

 

 

 

1.馬鹿でバカな経営者が陥る考え方について。

小生の会社でも小生が社員の中では余裕で一番若いです。

 

だから思うだけなのかもしれませんがうちの会社効率が悪すぎる…  

 

これを今回書こうと思ったきっかけが2018年10月からの最低賃金の引き上げ。

 

小生は大阪在住だが今回の引き上げでなんと今の大阪の最低自給は936円!

 

小生らの頃は800円ぐらいだったなぁ~なんて思うととてもじゃないけど信じられない時給になったなと思いますね。  

 

うちなんかの会社ではサービス業なのでバイトが多数います。

 

つまり最低時給が上がれば会社には大ダメージです。だって儲かってないしね。

 

うちも大した給料じゃないから社員ってほとんどいないし、雇う気もない。ほぼバイト。

 

これが駄目なんですね。  

 

会社としての効率も悪いんです。

 

バイトって所詮バイトだから。

 

仕事を覚えた頃に辞めます。

 

大学卒業したら辞めます。

 

いきなり飛びます。

 

そしてまた求人広告に頼るわけですね。  

 

まぁそれで社会は成り立っていますが、この求人広告に掛けるうちの会社の費用って年間100万円をゆうに超えます。

 

なんて勿体ないんだ…

 

その分給料上げてくれよなんて思うけど、人(バイト)がいないと店も回らなくて小生達がしんどい思いするだけだしね。

 

2.永遠に続くループ。この会社は一体何をやっているんだ!?

このバイトが辞める→人がいない→求人広告この無限ループなんですよね。ずっと。

 

いったい何をこの会社はやっているんだと?と小生は思うわけです。w

 

小生も友達からの誘いだったりを「ごめん!今日バイトの奴おらんから休まれへんねん!とか帰られへんねん!」と言って断る事もしばしば。

 

その時とかに友達に言われるのがこれ…

 

「お前5年前からずっと同じ事言うてんで!?いつまで人おらんの?」です。

 

まぁそう言われて当たり前ですよね。

 

同じ事を永遠にバカみたいに繰り返しているうちの会社は永遠に人がいないのですから。

 

在籍のバイトが多くいる時期でも小生が休みたい時には人がいないとかはよくありバイトがいる意味がありません。

 

会社でも1人でも余分にバイトをシフトに入れてたらブーブー言われますしね。「その1人分お前が人件費払うねんな?」ってね。もう無茶苦茶でしょ(笑)

 

呆れて物が言えない。

 

もはやブチ切れて「アフィリエイトで稼いだ分で払ってやるから辞めさせて貰うわ!」と言いそうになる(笑)

 

まぁ流石にそんなこと口が滑ってもまだ言わないけどね。w  

 

これの繰り返しなんですよねうちの会社。マジで馬鹿なの?って思う。  

 

このループを断ち切る方法は1つしかない…皆さんは分かりますか?  

 

 

3.なんでそんな簡単な事が分からないんだ?カッパ社長よ…

f:id:adsense1102:20190612210939j:plain

 

その方法は…社員の待遇を上げて社員のみで会社を固める事です。

 

そうすれば誰もすぐには辞めないし、飛びもしない。

 

最低賃金が上がっても基本的に社員で固めてれば自給じゃないから大丈夫だしね。まぁ最低賃金上がったら多少は給料も上げないといけないけど。

 

普通の会社なら当たり前なんだけどね。シフトも社員なら安定してるから組みやすいし、必要最低限の人数で回せますしね。

 

さらには社員で固めれば必ずバイトよりは店を良くしようと考える為必ず店もよくなって売上も上がるはずなんです。

 

そして費用面でもバイトいっぱい抱えてるよりも確実に安上がりです。

 

まぁ会社的にしんどいとすれば社員はすぐに切れないところでしょうかね。  

 

それを除けば会社にはメリットのプラスしかないと思うしいつも社長には言っているんですけどね。全然聞く耳を持たない。

 

やっぱりそんなことぐらいでうちの会社の長い歴史が変わる事はないかw  

 

まぁいいよ。

 

言ってもわからぬ、馬鹿ばかりの会社だ。

 

これ以上言いはしない。

 

さぁ今日もアフィリエイトガンバろ!笑

 

ではまた小生でした☆